« 第104回 京都記念 予想 | トップページ | 第28回フェブラリーステークス 出走馬決定 »

2011/02/14

第28回 フェブラリーステークス 展望Ⅰ

人気blogランキング ←お願いします。

ダート1600メートル
東京競馬場 ダート1600メートル

 2コーナー奥の引き込み地点からのスタートで最初のコーナーまでの距離が長く、枠順や決まり手にあまり差がないと言われているが、ダートコース特有の傾向が出ている。やはり逃げ、先行勢が有利。追い込みが決まるケースが短距離に較べれば増加しているものの、1〜3着馬に関して言えばやはり良馬場では逃げ、先行馬が有利と出ている。ただ、稍重〜重となるとその割合は変化し、差し、追い込みタイプの台頭も増加傾向がある。ただ、そんな馬場でも1着馬に関してのみなら逃げ馬が活躍しており、2・3着馬に差しタイプが増加するという特徴が見られる。
 枠で見ると、内枠(1〜3枠)が一番多く勝っており、次に中(4〜6枠)外(7・8枠)の順でやや内枠有利。2着馬は内中外がほぼ平均で枠の利、不利は無し。3着馬は中枠が少し有利で内、外はほとんど互角。それでも大きな差はない。(2004年10月9日〜2004年11月30日のデータを参考)

フリオーソは中央では???

スピード決着

芝実績

米国血統

サンデー系かブライアンズタイム系

|

« 第104回 京都記念 予想 | トップページ | 第28回フェブラリーステークス 出走馬決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89622/50873030

この記事へのトラックバック一覧です: 第28回 フェブラリーステークス 展望Ⅰ:

« 第104回 京都記念 予想 | トップページ | 第28回フェブラリーステークス 出走馬決定 »