« 第16回NHKマイルカップ 結果 | トップページ | 第6回ヴィクトリアマイル 展望Ⅰ »

2011/05/09

ウオッカが史上29頭目の顕彰馬に

人気blogランキング ←お願いします。

JRAは9日、平成23年度顕彰馬選定記者投票の結果、07年日本ダービー、09年ジャパンCなど史上最多タイとなるJRAGI・7勝を挙げたウオッカ(牝7)が選定されたと発表した。

 今回の選定対象馬は1990年4月1日から2010年3月31日の間に競走馬登録を抹消した馬。投票者数(186名)の4分の3以上(140票以上)の選定基準を満たす157票(得票率84.4%)を獲得し、08年のディープインパクト以来となる史上29頭目、牝馬では4頭目の顕彰馬となった。

 ウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター(その父ルション)という血統。64年ぶりの牝馬による日本ダービー制覇や08・09年安田記念(GI)連覇など牡馬相手に互角以上の走りを続け、08・09年のJRA年度代表馬にも選出された。通算成績26戦10勝(うち海外4戦0勝、重賞8勝)。

 現役引退後はアイルランドのアガカーンスタッドにて繁殖牝馬として繋養されており、現地時間2日に初子の牡馬(父シーザスターズ)が誕生している。

当然でしょう。牡馬とも互角以上に戦ったのですから特に東京競馬場では強かったですから。なぜ?

|

« 第16回NHKマイルカップ 結果 | トップページ | 第6回ヴィクトリアマイル 展望Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89622/51628133

この記事へのトラックバック一覧です: ウオッカが史上29頭目の顕彰馬に:

« 第16回NHKマイルカップ 結果 | トップページ | 第6回ヴィクトリアマイル 展望Ⅰ »