« ウオッカが史上29頭目の顕彰馬に | トップページ | 第6回ヴィクトリアマイル 出走馬決定 »

2011/05/10

第6回ヴィクトリアマイル 展望Ⅰ

人気blogランキング ←お願いします。

芝1600メートル
東京競馬場 芝1600メートル
 2コーナー地点からのスタート。スタートしてから最初のコーナーまでが距離があるため枠順の利、不利は少ないとされている。1着馬に関してはイン(1〜3枠)が少々分が悪いが、中(4〜6枠)、外(7・8枠)とそれ程の開きはない。数字でいえば外が頭一つリード。2着は内、中が圧倒的有利で、3着は逆に外、中が有利で内は分が悪いという傾向が出ているのが特徴だ。総合的に見ると、中・外・内の順と言っていいだろう。
 決まり手はA〜Cコース問わず、1、2着は先行タイプと差しタイプがほぼ互角で、3着馬になって少し逃げ・先行タイプが差し勢を上回っているという結果が出ている。馬場に関しては良、稍、重のどのケースもほぼ脚質に片寄りは出ていない。
 この条件は脚質は特に有利、不利はないが、枠では中枠が一番で次いで外。そして内は少し分が悪いと言える条件かもしれない。(2004年10月9日〜2004年11月30日のデータを参考)

ブエナビスタ VS.アパパネ この2頭に割って入る馬いるの?

|

« ウオッカが史上29頭目の顕彰馬に | トップページ | 第6回ヴィクトリアマイル 出走馬決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89622/51636504

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回ヴィクトリアマイル 展望Ⅰ:

« ウオッカが史上29頭目の顕彰馬に | トップページ | 第6回ヴィクトリアマイル 出走馬決定 »