« 2011年 あじさい 鎌倉 長谷マップ | トップページ | 第52回 宝塚記念 枠順決定 »

2011/06/20

第52回宝塚記念 展望Ⅰ

人気blogランキング ←お願いします。

芝2200メートル(内回り)
阪神競馬場 芝2200メートル(内回り)

 新コースでは内回り、外回りが作られた。高低差は、内回りが旧コースと同様1.8mと変わりはないが、外回りは2.3m。内回り、外回りともに1〜2コーナーにコーナリングがスムーズになるようスパイラルカーブが設けられた。また直線距離が延長され、内回りAコース(移動柵0m)が356.5m、内回りBコース(移動柵、直線3m・カーブ4m)が359.1m。特に外回りは、Aコース(移動柵0m)が473.6m、Bコース(移動柵、直線3m・カーブ4m)が476.3mと、新潟、東京に次ぐ長さとなった。
 旧コースのスタート地点だった4コーナーのポケットより少し手前のほぼ4コーナー地点からの発走。スタートしてからはやや下り気味に進み、最初の急坂を駆け上がる。1周目のゴール手前70mから平たん。そしてほぼ平たん(高低差0.25m)のまま1〜2コーナーを過ぎ、3コーナーまでその状態が続いていく。残り800m地点から緩やかな下り(高低差1.55m)を610mにわたって駆け下ると、阪神の難所、急坂(高低差1.80m)を120mの間で一気に駆け上がり、残り70mからフラットに戻ってゴール。通過コーナー計4回。
 この距離に関しては旧コースとほぼ同じで、決まり手の傾向はあまり変わらないと見られるが、コース自体が大きくなっていることで騎手に微妙な影響を与えないとも限らず、詳しい傾向は実戦の後のこととしたい。

春競馬フィナーレの栄冠はどの馬に?

|

« 2011年 あじさい 鎌倉 長谷マップ | トップページ | 第52回 宝塚記念 枠順決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89622/51998862

この記事へのトラックバック一覧です: 第52回宝塚記念 展望Ⅰ:

« 2011年 あじさい 鎌倉 長谷マップ | トップページ | 第52回 宝塚記念 枠順決定 »