« 競馬小説 「スプリンターズS」編 | トップページ | 第24回マイルCS南部杯 »

2011/10/04

“皇帝”シンボリルドルフが死亡

人気blogランキング ←お願いします。

JRAは4日、84年の3冠馬シンボリルドルフ(牡30)が同日未明、千葉県成田市のシンボリ牧場で死亡したことを発表した。

 シンボリルドルフは、父パーソロン、母スイートルナ(その父スピードシンボリ)という血統。現役時代は岡部幸雄騎手とのコンビで、84年の牡馬クラシック三冠を、史上初となる無傷の8連勝で制覇。その後も同年の有馬記念、85年天皇賞・春、ジャパンC、有馬記念を勝利して16戦13勝(GI・7勝)の成績を残した。

 その馬名、競走成績などから“皇帝”と呼ばれ、87年に殿堂入り。しばしば“最強馬”と称され、日本競馬史に多大な足跡を残した。

 86年から種牡馬入り後は、初年度産駒から二冠馬トウカイテイオーなどを輩出し、04年に種牡馬引退。昨年11月28日のジャパンC当日には東京競馬場に登場し、元気な姿を見せていた。

心からご冥福をお祈りいたします。

|

« 競馬小説 「スプリンターズS」編 | トップページ | 第24回マイルCS南部杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89622/52909240

この記事へのトラックバック一覧です: “皇帝”シンボリルドルフが死亡 :

« 競馬小説 「スプリンターズS」編 | トップページ | 第24回マイルCS南部杯 »