« 第72回 皐月賞 前日単勝最終オッズ | トップページ | 第145回 天皇賞(春)前日単勝最終オッズ »

2012/04/15

競馬小説「第72回 皐月賞」編

人気blogランキング← クイック

自家焙煎コーヒー屋のマスター 
週末夜なると競馬好きが集まり酒場となってしまう。
高ちゃん (高 治夫) 
  小さいながらも町工場の社長 マスターの中学の同級生
村さん  (村田修一)
  マスターの商社マン時代の知り合い。IT関係勤務
姫    (坂本愛子)
  紅一点 店の常連 超美人 丸の内一流会社勤務 今は男より馬

この雨で桜の花びらもそれぞれの道を歩むかのように風に身を任せて旅立っている。そんな情緒ある風景を逆迷惑そうに感じている人がここ栄古堂のマスターであった。「さくらで浮かれているのはいいけど、後始末が大変なんだよなあ。」と店の前にマシンガンのように切れ目も無く降り注ぐサクラの花びらを箒でかき集めてはちりとりに入れて90Lの大きな透明のビニール袋に放り込んでいるが
「もういい加減にしろよ。切りがないだろ。」と高ちゃんが店から顔をだして、マスターに声をかけた。するとあきらめたかのごとく、掃除道具を片付けて店に戻ってくるなり、「どうせ お前は⑱グランデッツア⑨ワールドエース⑥ディープブリランテのボックスだろ。先週 桜花賞 当てたからって毎週そうはいかないぞ!」というと高ちゃんは「当たればいいんだよ。そういうお前は何からいくんだよ。」「俺は[ゴールド]よ。⑭ゴールドシップ連をはずしてないからよ。母父がマックイーン×ステイだとオルフェーヴルと一緒だろ。皐月賞2着は人気薄がくるんだよ。だから⑤アーデント ②アダムスピーク ⑥ディープブリランテ ⑨ワールドエース ⑱グランデッツアこれでしょ。」とj自信あり?。そこへいつもの緑茶杯を珍しく作り、グラスを口に近づけて一口飲み込んでから姫が「たまに当たったからって偉そうに!やっぱり ⑱グランデッツアを⑨ワールドエースを追いかける展開でしょ。きさらぎ賞はスローで1:47:00でしょすごい時計よ。だから軸は⑨ワールドエース ⑱ ⑮ ② ⑪ ⑭ ③ね。」と自信は???「村さんも飲んでばかりいないで予想しなさいよ。」と姫に指摘された村さんは「ディープ産駒はどう見ても中山2000mは不向き。その中でも圧倒的に中山向きと思われる⑤アーデント、弥生賞はロスの無い競馬でここの出走権を獲ったが、調教師は不満だったらしく早めに動いて粘る競馬が向いているという。まさに溜めて末を引き出すディープ産駒の中では異色の存在だが、早めに出走権を取ってここ目標に調教の動きも明らかに前走以上、藤田騎手の不調が気になるところでもここ一番での勝負強さに期待したい。⑤ー⑨ー⑱    ⑤-⑨⑱ー⑥ ⑧ ⑭ ⑮ 3連複 。」と言い切った村さんであった。さて桜が散るごとくにならないといいが。。。。

|

« 第72回 皐月賞 前日単勝最終オッズ | トップページ | 第145回 天皇賞(春)前日単勝最終オッズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89622/54476960

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬小説「第72回 皐月賞」編:

« 第72回 皐月賞 前日単勝最終オッズ | トップページ | 第145回 天皇賞(春)前日単勝最終オッズ »