« 競馬小説「第72回 桜花賞」編 | トップページ | 2012年 横浜 桜開花情報 »

2012/04/09

第72回 皐月賞 展望Ⅰ

人気blogランキング← クイック

芝2000メートル(内回り)
中山競馬場 芝2000メートル(内回り)

 直線の入り口あたりからのスタートになる。脚質は1着と3着馬に差し、追い込み勢の活躍が多く、2着には先行タイプが多いという結果が出ている。また、この傾向は稍重〜不良と馬場が悪くなっても同じ結果を示している。1、3着の差し勢の活躍の割合は1800mに較べると少し低いが、それは最初のコーナーまでの距離にゆとりがある分、先行タイプが楽に行けるからかもしれない。
 枠順に関して言えば、1着は内枠(1〜3枠)の好走が目立ち、中(4〜6枠)と外(7・8枠)は互角。2着は内と外が互角で中をグッとリード。3着になると内が劣勢で中がリードの外がソコソコに活躍と面白い結果が出ている。
 2000mに関して言えば、差し馬を中心に、枠は1着に内→中・外、2着は外→内→中、3着は中→外→内という目安で狙ってみるといいかもしれない。(2004年9月11日〜2005年1月23日のデータを参考)

さあ 桜花賞のようにディープインパクト産駒が独占するか?

今週末の15日、中山競馬場では牡馬クラシックレース第1弾・皐月賞(GI・芝2000m)が行われる。

 予想オッズの1番人気はスプリングS(GII)を制したグランデッツァ(父アグネスタキオン)で、以下はきさらぎ賞(GIII)、若葉S(OP)を連勝中のワールドエース(父ディープインパクト)、共同通信杯(GIII)を勝ったゴールドシップ(父ステイゴールド)、昨年の東京スポーツ杯2歳S(GIII)を勝ったディープブリランテ(父ディープインパクト)が続いている。


|

« 競馬小説「第72回 桜花賞」編 | トップページ | 2012年 横浜 桜開花情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89622/54433175

この記事へのトラックバック一覧です: 第72回 皐月賞 展望Ⅰ:

« 競馬小説「第72回 桜花賞」編 | トップページ | 2012年 横浜 桜開花情報 »